秋葉原 裏マップ [風俗・アダルト・エロ]

 ・・・秋葉原エリアの風俗・アダルト・エロ関連を中心にお店の紹介や体験レポートなどをするサイト。

  [風俗/アダルト/エロ]    
もっとディープな秋葉原を。アダルト、風俗などを中心としたお店の紹介や体験レポートのブログ。
ありとあらゆるフェチ関連のDVD、ビデオがあるのではないかというその手の人から見たらたまらない、フェチの殿堂ともいえるお店です。


バトル本店、アスリートと同じ箸勝ビルの6階にあります。
店内に入ると、まず足のマネキンに目を奪われます。

お店に一歩入ると、多数の美脚マネキンがお出迎え。

足フェチはフェチの中のでもメジャーな存在のようです。
そのマネキンの裏側には、なぜか女性ものの靴がたくさん棚に置いてあります。お店の従業員のものではないようです。値段がついているので売り物のようです。女性がくつで何かを踏み潰すというフェチもののDVDがありましたので、そういう用途に置いてあるのでしょうか?

女性用の靴も置いてあります。

DVD、ビデオの方は、想像を遥かに超えたフェチの種類の多さに驚きを隠せませんでした。ひとり笑いが込み上げて来るほどに。

どんなものがあるかというと、体の各部位もの(髪の毛、首、口、手、足、おしり、おっぱい)、女性が何かを踏みつけて壊す行為もの、足の匂いをかぐもの、くすぐりもの、手袋を使ったもの、風船もの、口でねちゃねちゃするもの、叩かれもの、巨大女物、ロリータもの、スカトロもの、生き物もの、正座もの、手コキ、足コキ、尻コキ、革もの、虫もの、ストッキング・ソックスもの、舐めもの...挙げていったら切がありません。お店で確認してみて下さい。洋物も結構あります。

タイトルもすごいものが結構あり、ストレートなもの、パロったもの、ちょっとひねりを加えたものなどいろいろあって面白いです。個人的には、女性が男性を蹴る「フリーキックのように」、男と女が急所を蹴りあう「金蹴り対マン蹴り」が気になりました。あくまでもタイトルがですけど。見るのはさすがに怖いです。

人は大体何かのフェチだと聞いたことがあります。このお店に行けば、自分の中にある潜在的なフェチを発見できるかもしれません。


 フェチとは、身体の一部や衣服・その他記号化された様々な物品・現象に「個性的」な執着や性的興奮を示す性的な傾向の一つで、俗語の一種である。
  >フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■営業時間:11:00~22:00 年中無休
■地図リンク
■フェティッシュワールドさんのサイト







※店に行く時は事前にホームページなどで営業しているかを確認してください。





本日妻共に休みなので夕方よりアダルトショップを妻31と徘徊しようかと思ってます。
妻にはミニスカ&パンスト直穿きの格好です^^
露出徘徊できる様なショップ情報ありましたらお願いします。
【2008/11/14 13:46】 URL | AMG #/.OuxNPQ[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |







Design by mi104c.
Copyright © 2017 秋葉原 裏マップ [風俗/アダルト/エロ], All rights reserved.